中性脂肪対策におすすめな運動とは?まずは続けられる簡単なものから始めよう!

中性脂肪値が気になってる!でも運動するのは苦手なんだよね…と悩んでいる人はいませんか。

中性脂肪値を下げるのに有効なのは、有酸素運動だと言われています。

でも有酸素運動といえば、水泳やマラソンなど、体力が必要そうなキツイ運動をイメージしますよね。

普段運動する習慣がないと、ハードルが高く感じられます。

そこで今回は、無理せず行える運動方法をご紹介します。

運動が苦手な人でも続けられる!中性脂肪対策におすすめな運動

運動を行いけれど、ジムに行くのは面倒!という人に、おすすめな運動が「ヨガ」です。

ゆったりとした動きなので運動が苦手な人でも行えますが、全身の筋肉を使用するので意外とハードな運動なんです。

ヨガはDVDや動画を見ながら自宅で行えるのが長所です。

部屋の中でできるので、雨の日でも関係なく行うことができます。

運動が苦手な人って、1日でもサボるとサボり癖がついてしまいますよね。

ヨガなら雨の日でも風の日でも、影響なく継続することが可能です。

中性脂肪を下げるための有酸素運動は、1日30分以上必要だと言われています。

30分以上続けて運動しても良いですが、連続して行うのがきついな、と感じる人は朝10分、夜20分と分けて行ってもOKですよ。

中性脂肪を下げるのにおすすめなヨガのポーズをご紹介します。

ナーヴァアーサナ(船のポーズ)

両膝を立てて体育座りのように座り、両手を腰の後ろの位置におきます。

息を吐きながら、スネが床と平行になるまで持ち上げます。

腰が丸まらないよう、腰を手前に引くことを意識しましょう。

片腕ずつ床と平行に伸ばして、前ならえのような状態にし、3〜5回呼吸キープします。

両膝を伸ばして横から見たらVの字になるよう、まっすぐに伸ばし、3〜5回呼吸キープします。

お腹や腰周辺を、鍛えられるポーズで、内臓脂肪に効果大なポーズです。

  • 内臓の強化
  • 背筋を鍛える
  • 体幹を鍛える
  • 下半身を引き締める

といった効果があります。

ポーズをとることに気を取られ過ぎず、「呼吸」に気を付けて行うようにするのがコツです。

運動以外に気をつけたいこと

中性脂肪値が上がる原因は生活習慣の乱れが乱れだと言われています。

運動をする習慣がない人は、いきなりジョギングなどのハードな運動ではなく、続けられそうな運動を行うようにしましょう。

ただ、運動だけでなく、食事の見直しも重要なポイントです。

食事内容や食事を摂る時間など、食生活の見直しも忘れずに行いましょう。

中性脂肪値を下げるためには、有酸素運動を行うのが有効です。運動が苦手な人は、動きがゆっくりとしたヨガがおすすめ。苦しさがないので、無理なく続けられます。ヨガには多くのポーズがありますが、筋トレ効果があるポーズを選ぶようにしましょう。じっくりゆっくり筋肉つけられ、ポッコリお腹の改善に役立ってくれます。