中性脂肪の数値を下げるための食事とは?脂質や糖質の多い食事を控えること

中性脂肪の数値が高いままだと動脈硬化や心筋症、脳梗塞などのリスクが高まることもあって、早い段階で改善に努めることがとても大切。

特に、身体を作る毎日の食事は、その内容と摂りかた次第で数値に大きく影響をしてくる重要な要素。

摂るのを控えておいたほうがいいもの、積極的に摂り入れていきたいものを確認しておいて、食事からサラサラ血液を作っていきませんか。

これは要注意!なるべく摂取量を抑えたい食材

中性脂肪を増やしてしまう食材はズバリ脂質、糖質が高いもの、つい手が伸びがちなこってりとしたものやファストフード、美味しい甘いお菓子なんかは覿面だから気をつけておこうね。

脂質は小腸の中で脂肪酸とグリセロール、この2つに分解吸収された後に中性脂肪に変化して、血液を通って脂肪細胞に蓄えられるの。

糖質もブドウ糖に分解吸収されてからエネルギーとして消費されるけれど、多すぎてしまうとやっぱり中性脂肪として体内に蓄積されていくことになるんだ。

それを踏まえて具体的に控えるべきなのは、動物性脂質が高くて中性脂肪の元になる飽和脂肪酸が豊富な脂身の多い肉。ハムやソーセージといった加工製品も同様ね。

もちろん調理に使う油やバター、マーガリンそのものもそう。それから、糖質の高い白米やパン類といった主食の炭水化物も摂り過ぎには注意しておこう。

積極的に摂っていきたい中性脂肪を増やさない食材とは

逆に、中性脂肪が増えにくい食材を中心に摂取していくと、上がってしまった数値を改善させる効果が期待できるよ。

基本的には昔ながらの日本食を意識するのがおすすめ。

実は、食の欧米化が日本人の中性脂肪数値を上げてしまう大きな原因の1つになっているの。

炭水化物を控えるために五穀米を取り入れたり、ご飯のお供にはイソフラボンやレシチンといった血液サラサラ効果がある納豆も毎日食べたいところ。

それに、お肉を食べるよりも中性脂肪の合成を抑えて血中脂肪の値を下げるDHA、EPAが豊富な青魚も積極的に摂るのがおすすめ。

お味噌汁の具や副菜に利用しやすい海藻類、キノコ類も食物繊維が豊富で、腸内で余分な脂質を吸収して排出できるよ。

>健康的な身体作りは健康的な生活習慣から

中性脂肪の数値を下げるためには脂質や糖質の多い食事を控えて、脂肪を下げる食材が多く利用されている昔ながらの日本食を意識していくのがおすすめです。その上で適度な運動、十分な睡眠を心がけて、健康的な生活を送ることで体質改善を目指せます。