女性ホルモンのホルモン剤は、主に月経不順や更年期障害などのホルモンバランスの乱れに由来する治療に用いられています。

■女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類が存在します。
ホルモン剤に配合されている女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンの2種類が存在します。エストロゲンとは、別名で卵胞ホルモンとも呼ばれるもので、排卵前に分泌量を増やすことによって卵胞と子宮内膜の成長を促進するはたらきを果たすホルモンです。

プロゲステロンとは、別名で黄体ホルモンとも呼ばれているもので、こちらは排卵後に分泌量を増やして子宮内膜の厚みを維持する力を強めるはたらきを持っているホルモンです。

■女性的なあらゆる身体のはたらきを司っているものが女性ホルモンです。
女性ホルモンとは、いずれも生理や月経、妊娠などの女性に特有の身体のはたらきをコントロールしている成分です。エストロゲンやプロゲステロンの分泌バランスが乱れてしまうと、身体にさまざまな不調があらわれてしまいます。女性に女性ホルモンのホルモン剤を投与する目的とは、人工的に女性ホルモンを投与することで、乱れてしまったホルモンバランスを調整することです。

■ホルモン療法とは、ホルモン剤を投与して全身のホルモンバランスを調整する治療法のことです。
ホルモン剤を投与することで、全身のホルモンバランスを調整して体調不良を回復する治療方法のことをホルモン療法と言います。女性ホルモンが女性に投与されるケースの体調不良とは、まずは生理周期に密接にかかわっている生理不順や月経前症候群、更年期障害などです。

その他には、子宮癌や乳癌にはじまり、子宮筋腫、子宮内膜症、不妊症などの疾患に対する治療にも使用されています。個人的な身体の体質や病状によって、使用されるホルモン剤の種類はさまざまですが、いずれも基本的には乱れたホルモンバランスを回復するために投与されます。

■月経不順や月経前症候群の治療には、経口避妊薬であるピルが用いられます。
ホルモン剤の一種である経口避妊薬のピルとは、月経不順や月経前症候群であるPMSの治療などに用いられます。ピルを用いることで、エストロゲンとプロゲステロンの2種類の女性ホルモンが配合されており、体内の2つのホルモンを人工的に増やして脳に妊娠したと誤解させることが可能です。

妊娠したと勘違いした脳は、体内での女性ホルモンの分泌を停止します。

オエストロジェルがもたらしてくれる効能・効果について纏めていくサイト

■加齢によって女性ホルモンの分泌量が減少することで更年期障害が引き起こされます。
更年期障害とは、エストロゲンやプロゲステロンなどの女性ホルモンの分泌量が加齢によって減少することであらわれる障害のことです。更年期障害自体は加齢による自然現象なので、万人におとずれるものですが、あまりにも体調不良が著しい場合にのみ、ホルモン剤を投与して症状を緩和します。

コマーシャル■オエストロジェルの個人輸入代行、販売・通販ならTOP http://www.ntp-k.org/medicine/hormone/oestrogel.html

これはホルモン補充療法と呼ばれる治療方法で、治療者の体質や体調不良の症状によって、エストロゲンやプロゲステロンを適した分量投与します。また、更年期障害でつかえるホルモン剤は、経口薬タイプや貼付薬タイプ、塗布薬タイプなど患者の状況に応じてさまざまです。

女性ホルモンにかぎらず、ホルモンの投与は、量よりもホルモンバランスを整えることが大切です。事前に専門医などに相談し、かならず自分の今の状況に適した分量を把握してから、ホルモン剤を利用することをおすすめします。

手ごわい更年期障害を今話題のホルモン剤投与で解決しよう

手ごわい更年期障害を今話題のホルモン剤投与で解決しよう

更年期障害という言葉を誰しもが耳にしたことがあるでしょう。大まかにいうと女性に特有の症状であり、ホルモンのバランスが加齢と共に変化するにつれ、心と体のバランスが取れなくなることを指します。思春期には、女性ホルモンが増加することで、同じように不安定な時期を迎え親兄弟に当たり散らした経験もあるのではないでしょうか。

その時期に、思春期の女性がホルモンの影響を意識することはあまりありませんが、後に経験する更年期に感じる不安定さはホルモンのせいと多くの人が口にします。女性特有の悩みであるため、男性にとっては理解しがたいものです。そのため、夫婦中でも口論が重なり今話題となっている熟年離婚の原因の一つに発展するといっても過言ではありません。

多くの人がイライラせず穏やかに過ごしたいと思っている現状の中で、どのような対策が必要なのでしょうか。もちろん歳を重ねることは決して悪いことではありません。若い時には気づかなかった広い視野や経験を手にし、若い時以上に人生に喜びを感じるという人も少なくはないのです。

ですが、中には更年期を真剣に悩むがあまりうつになってしまう人もいます。不可抗力とはいえ減ってゆくホルモンによって、周りの人を傷つけてしまったり自虐的になることは避けたいものです。これらに対して何か対策はあるのでしょうか。進歩する医学の中で、今最も効果的であると注目を集めているのがホルモン剤の投与です。